賃貸住宅に住む時は、いずれ部屋を出ていくことも考えて、マナーを守って大切に使うことも大切です。
MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸における様々な負担

賃貸の部屋を大切に使うこともマナーです。

賃貸住宅は、慣れてくると自分の家として、リラックスして使えるようになります。しかし、慣れてきたときこそ、改めて借りて住んでいる部屋だということをきちんと考えていくことも必要です。賃貸住宅を出ていく予定があるときに、引越し作業を進めて、不動産を管理している会社に最終チェックをしてもらいます。その時に、部屋に傷などがあれば、事前に支払っている保証金から修理代などを差し引きれてしまうと、お金が減った状態で返ってきてしまうので、きちんと部屋を大切に使うことも考えていくことも大切です。

床や壁は意外と傷つけてしまうことが多いので、気をつけるようにすることも重要なポイントです。例えば、壁に家具をぴったりと付けてしまうと、壁を傷つけてしまう恐れがあるので、少し離して、設置をすることも大切です。また、床も家具を置くことで、傷がついてしまうこともあるので、下にマットを敷くなどして、対策を取るのも効果的です。床は、コルクマットを敷くなどすれば、床が傷つく心配なく、快適に暮らせますし、コルクマットによって、床の音を少し軽減させることもできるので、防音対策があまり整っていない賃貸住宅でも、生活音を少し抑えることができるので、ご近所迷惑を防げます。

Copyright (C)2017賃貸における様々な負担.All rights reserved.